スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『お嬢様はご機嫌ナナメ』感想!



『お嬢様はご機嫌ナナメ』の感想です、バン!


かなりの大当たりな作品でした!
シナリオ、キャラクター、グラフィックと、
どれも高レベルでまとまっています!

特にシナリオが素晴らしかったですね。
シリアスと萌えのバランスが絶妙でした。
「この先どうなるのか」というワクワク感がとにかくすごいですw
止め時がわからなくなるほどどんどん先へ読み進めてしまうこと間違いないです(`・ω・´)

何気にモブの女性徒がかわいかったり。



【シナリオ】

シナリオはおおまかに七波、詩綾、花の3人のお嬢様ルートと、
透夏、音羽の2人のアイドルルートに分かれています。(ルート名は便宜上つけただけですが;
お嬢様ルートの方では財閥にかかわる問題が根幹になっていてシリアス多めで、
アイドルルートでは文字通り2人がアイドルになっていく話で、シリアスは少なめといった感じですね。

そのせいでルートによってシリアスのバランスが違っていて
変になっているかというと全くそんなことはなく、
シリアスの有無に関わらず、きちんとどちらのルートでも
ちゃんと読み応えのあるシナリオになっていたのには感服しました。

ひとつの大きな問題があって、ルートでそれを解決していくのが
ルートによって違う解決法だったり、全く別の問題が根幹になっていたりと
それぞれ工夫されているのがバランスの良さの秘訣かもしれませんね。

個人的に花ルートの終わり方が一番好きですね。
本当の意味でハッピーエンドという感じで、
かなりグっときます。正直泣きました・・・w
なので花ルートを最後に持ってくるのをオススメします(`・ω・´)


【キャラクター】

どのヒロインもメインヒロイン張れるくらいのレベルです・・・。
イチャらぶもかなり堪能できるので最高ですね!
もうとにかく大満足です(*´д`*)

・七枷七波

七波お嬢様かわいすぎ!
最後までブレないキャラがステキです。
桐谷華さんの演技も、
キャラの魅力を引き出す素晴らしい演技でした(*´ェ`*)
「まっじで!」はクセになりますねw

・雪小路詩綾

詩綾お嬢様には良い意味で裏切られましたw
最初は少し変わった七波お嬢様に対する
まさに深窓の令嬢といった正統派お嬢様だと思っていたのですが、
まさかあんなドへんt・・・おっと誰か来たようだ。
あまり語るとネタバレになりそうですねw
気になる方はエッチシーン体験版の方でその片鱗が見られるかと思います。
しかしこういうキャラも悪くない・・・いやむしろ最高!!

・桜咲花

妹でメイド!
妹で!!メイド!!!
なんと甘美な響きでしょう・・・。
「兄さん抱き枕」とか妹サービスどころか
僕へのご褒美に他ならないですよね!
やはり「お兄ちゃん」より「兄さん」の方が
個人的に萌えポイント高いです。譲れないです。

・響木音羽

音羽は良いツンデレ!
やはりツンデレはこうでなくては!
告白後のあのデレ具合はもうたまんないです(*´ェ`*)
やはりツンツンとデレデレの演じ分けは
青葉りんごさんがピカイチですね!

・一峰透夏

とっこぉぉぉぉぉ!!とっこかわいいよぉぉぉぉぁぁああああ!!!
照れ顔のかわいさが限界突破しすぎて悶死(*´ェ`*)
女の子らしくなりたいと悩んでるとことかもうたまらんです。
ルートでのラブラブっぷりも素晴らしかったですね。
思い出しただけでもうキュン死(*´д`*)


【まとめ】

とりあえず今年プレイした中では間違いなく一番の出来ですね!

七波お嬢様をはじめとする個性的なキャラたちのかけあい、
推理ものを読んでいるような先の読めないシナリオ、
武藤此史先生の美麗なCGと、
どれも文句なしに最高でした!

強いて注文があるとすれば
選択肢ジャンプ機能がほしいってことくらいかな?
結構シナリオにボリュームがあるので・・・w

ぜひとも七波アフターだけに留まらずに
ファンディスクを作って
全ヒロインのアフターを出してほしいところですね(`・ω・´)
その時にはショウエイをヒロインに!



以上、『お嬢様はご機嫌ナナメ』の感想でした~。
関連記事
Tag ⇒ お嬢様はご機嫌ナナメ

- 0 Comments

Post a comment

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。